ミュージカル・テニスの王子様公式サイト/Musical The Prince of Tennis Official Web Site - Since 2003-2009



氷帝公演閉幕! 公演終了コメント <氷帝Aチーム編>

氷帝公演も無事終了!
全力で演じたキャストひとりひとりのコメントをご紹介します!

跡部景吾役/久保田悠来
一生、忘れられない夏になりました
全力で駆け抜けた夏でした。
本当に多くのものを得ることができました。
新しい発見の毎日、それはとても刺激的で、役者として、人間として、勉強になりました。

改めて思うのは、多くの人達に支えられて、今の自分があるという事。
これまで関わってきた、大切な人達。
制作スタッフの皆さん。
共にこの夏を駆け抜けた仲間たち。
そして、この夏出逢ったファンの皆さん。
全てがあってこそ、2008年の久保田悠来の夏が完成しました。
同時に、一生、忘れられない夏になりました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
これからも1歩1歩、魂を込めて前に向かって進んでいきたいと思っております。
今後とも、応援よろしくお願いします。

では、また(笑)
忍足侑士 役/秋山 真太郎
本当に暑くて熱い夏になったと思います
無事、無事に千秋楽を迎える事ができました。
ご来場、ご声援ありがとうございました。
最後の最後まで怪我がないか心配でしたが、周りの方たちのサポートにより無事最後まで乗り切る事が出来ました。
そしてお客様の声援やお手紙には本当に元気付けられました。それによって公演数回分かは演じられてますね、ハイ。
一つ一つの演技に反応したり、拍手をしてくれたり、一緒になってこの長期公演をお客さんも作ってくれたと思います。本当にありがとうございました。
本当に暑くて熱い夏になったと思います。これから寒くなるけど、その時はあの夏の一日を思い出して熱くなっちゃって下さい。本当にありがとうございました。
向日 岳人 役/青柳 塁斗
テニミュすげ~なぁ~てなりましたよ!!
テニミュ夏公演、長かったですねぇ。もぅ季節も夏ではなかったしな(^_^;)でもやっぱり今思うと、あんなに長いと思ってたのにもう終わったんだな~て感じ。稽古から合わせると約5ヶ月くらい?今までやったことないくらいの公演数でしたしね。僕らが前やってた時は30公演とかでも『長いね~多いね~』とか言ってたんですから。久々にテニミュに戻って来たらテニミュすげ~なぁ~てなりましたよ!!海外進出までしちゃうし!ダブルキャストも出来たしね!
そして元祖氷帝?ていうのかな?愛知公演からはカズキさんタクミさんが戻って来ての氷帝!まさかこのメンバーでまたテニミュに出演出来るとは思ってなかったのでマジで嬉しかったです!!本当にやれて良かった~(^0^)/試合では龍さんとペアで楽しんで試合出来たしね。まぁ僕が自由過ぎるとこを龍さんはサポートしてくれて龍さんに引っ張って行ってもらい面白い試合が出来たんだと思います。龍さん本当にお世話になりました(>_<)ありがとうございます。
とにかくあんなに長かったのに無事終われて本当に良かったです。
観に来てくれた方、応援してくれた方、ありがとうございました。キャスト、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。またよろしくお願いします(^^)v
宍戸 亮役/鎌苅健太
やっぱりオレはテニミュが大好きです
オレが戻ってきて一発目に舞台の上に役者・鎌苅健太として立つ作品がテニミュで本当によかった。
沢山の人に鎌苅健太という人間を知って貰ったテニミュ。オレの原点はここにある。
今回の公演、テニミュ初のWキャストや海外公演、そしてこのロングラン。この長い公演をやり遂げられたのも沢山の人の支えがあっての事!キャスト始め、稽古からいつも支えてくれ、疲れを見せずいつもプロフェッショナルにオレ達を支えてくれたスタッフさん、現地のスタッフさん、そして観に来てくださった皆様、観に来られなくてもいつも想ってくれる皆様。無事最後までやり遂げられたのは今までのテニミュに関わった全ての皆さんのお蔭です。本当にありがとうございました!
夏から始まったテニミュ。それが終わり不思議な気分で寂しくもあるけど、絶対忘れられないものになりました。
役者としても人としても、本当に財産に、そして自信になった!
キャストの皆。お前ら最高だ〜!!
最高の仲間とのテニミュ。やっぱりオレはテニミュが大好きです。
本当にありがとう。テニミュ最高〜!!

氷帝学園3年 宍戸亮役 鎌苅健太
芥川慈郎役/Takuya
テニミュに関わる全ての人に感謝
今回初のWキャストで戸惑いもありましたが、結果お互いを支えながら公演を成功させる事ができたんじゃないかなって思います。
そしてテニミュに関わる全ての人に感謝という言葉しかありません。
ファンの方がいて最終的にミュージカル『テニスの王子様』が完成する!!
改めて凄い作品だと思いました。
なにより今回また初心を思い出しながらできて良かったです。最高の仲間達に囲まれて幸せでした!MMAです…マジマジありがとう!
いつの日か再び戻りますね!それまでジロー待ってろよ!!
皆が大好きだ~~~~!
樺地崇弘役/鷲見 亮
みなさんのおかげで今の僕があります
テニミュ氷帝公演、無事にゴールテープを切ることが出来ました。
劇場に足を運んで下さった方、ありがとうございました。毎公演毎公演、己に妥協せず、勝つために挑んできました。
負けはしましたが、負ける度に我が氷帝チームは変化していき、強くなっていきました。氷帝初代メンバーに久保田悠来、秋山真太郎、瀬戸祐介、そして氷帝Bチームを加え、より氷帝のエンブレムに輝きが増しました。
昨日よりは今日、今日よりは明日~と常に高みを目指して演じてきました。
みなさんの応援があったからこそ、ここまで昇り、たどり着くことが出来たと確信しております。本当にありがとうございました。
ここまで共に闘い、常に競い合ったキャストのみんな、そして僕に力を与えてくれたテニミュを応援してくれたみなさん。みなさんのおかげで今の僕があります。僕に関わってくれた全てのみなさんに感謝です。本当にありがとうございました。
鳳長太郎役/瀬戸祐介
テニミュは僕の財産です
僕にとって全てがチャレンジだった氷帝公演が終わりました。応援してくれたファンの皆さん!ありがとうございました!本当に沢山の人に支えられているこの大きな舞台に立てたことをとても嬉しく、そして誇りに思います。
最初は不安と期待でいっぱいだった僕の胸は、今達成感でいっぱいです。あとちょびっとの寂しさと…。
テニミュは、僕を大きく成長させてくれました。貴重な経験、感動、そして最高の仲間達との出会い…全てが僕のかけがえのない“宝物”になりました。テニミュに関わった全ての人に感謝の気持ちを送ります。
この夏の、汗、笑顔、涙は今後僕の血肉となり僕を支え続けてくれるでしょう。
テニミュは僕の財産です。
I LOVE テニミュ!
WE LOVE テニミュ!!
日吉 若役/河合龍之介
もう一度この舞台に立てたことを幸せに思います
全ての人にありがとう!!

もう一度この舞台に立てたことを幸せに思います。

千秋楽Season~F・G・K・Sの中で噛み締めた歌詞のひとつひとつに僕らの三年間がありました。
そんな想いを感じながら、笑って終わりを迎えられてよかったです。

こんな素敵な仲間、素敵な人間たちに囲まれてやってこれたことは財産です。

またどこかで…。
氷帝10月以降キャスト
加藤和樹/跡部景吾役
テニミュに関わる全ての人へ最大の感謝を
長きに渡るテニミュ夏公演。応援してくださったファンの皆さん、支えてくださったスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。
今回は初のWキャスト、初の海外公演があり、新たな面をみせる事が出来た公演だったのでは?と思います。
今回の公演にかける想いは誰よりも強く胸に秘めていました。自分の中で色んな葛藤もありましたが、すべてが終わった今、出演して良かったと心から感じています。原点に戻り再び仲間と共に戦えた事、新たな仲間に出会えた事、スタッフの方の思いを感じたこと、この公演での出来事は俺にとってかけがえのない財産になりました。今一度、テニミュに関わる全ての人へ最大の感謝を。「ありがとう」
これからも『テニスの王子様』の応援よろしくお願いいたします。
斎藤 工/忍足 侑士役
ある意味"無我の境地"な日々でした
年齢を重ねるとともに「人を、周りを信じる」と言う事が遠くなってしまっている気がする今日この頃。
そんな憂鬱な大人への階段を上がっている最中に再びこの作品に参加でき、もう一度仲間と"共通の手綱"で繋がっている、いられると再確認させてもらった。
味方の学校・敵校・裏方さん・制作さん、年齢や性別も関係なく夢中になれた。
疑いなく周りを信じられた。
そんな自分に嬉しくなった。
それもこれも、そんな皆が一丸となって表現しているモノを受け止めてくれる方々のお陰。
この舞台特有なのだろうけど、舞台上と客席側とのテンションやボルテージのキャッチボール、そんな美しい相乗効果はめったに無い。表現する側はその熱に甘んずる事なく精進し、受け取る側の方々はその熱が日常の些細な後押しとなって下さっていたら、なお素敵です。
『テニスの王子様』は登場人物のそれぞれが挫折や葛藤を経ての成長記。
出演者もお客さんも、関わった全ての人間が良い意味で感化されその人の成長に繋がっているのだと久しぶりにこの作品に関わって分かった。

感謝

一日一生




ミュージカルテニスの王子様

株式会社マーベラスエンターテイメント

株式会社ネルケプランニング

© 許斐 剛/集英社・NAS・テニスの王子様プロジェクト © 許斐 剛/集英社・マーベラスエンターテイメント・ネルケプランニング